気分障害はどのような病気?

こんにちは、『ふくしのいろは』の『Y』です。 

日本全国での精神障害者数は4193千人(人口千人当たり33人)となっております。精神障害にも、たくさんの病名や症状があることはご存じだと思います。しかし、病名は知っているけど、どのような症状なのかなど分からない方は多くいると思います。

下記のグラフは、精神障害疾病病気別内訳となっております。やはり気分(感情)障害が多いですね。

今回は、気分(感情)障害の種類をご紹介したいと思います。

今回は気分障害っていう病気について知りたいんですが・・・

気分障害とはこれから紹介しますが、『うつ病』『双極性障害』という2種類の病気があるんですよ!
どのような病気なのか詳しく紹介しますね!!

気分(感情)障害とは?

気分(感情)障害とは、文字どおり気分の浮き沈みがある病気です。昔は感情障害と言われていましたが、笑ったり怒ったりする感情の病気というよりも、長く続く身体全体の調子の病気という意味で、気分障害と呼ぶようになりました。症状が悪化しているときは、一時的に妄想など精神症状が出現する恐れもありますが、精神疾患とは別ですが。

気分障害には、うつ病と双極性障害の2種類の病気があります。

次にうつ病と双極性障害の病気と症状についてご説明します。

うつ病とは?

うつ病の患者数は近年、増加している病気の一つとなっています。ある調査では16人に1人が、障害にうつ病を経験しているとも推定されています。なので、うつ病はだれにとってもすごく身近な病気であるともいえます。

誰しもが経験したことがある、辛いことや悲しいことがあると、気分が落ち込んだり、やる気がなくなったりすることがあると思います。それは正常な反応ともいえるでしょう。しかし、うつ病はそのような一時的な感情だけではなく、ほぼ毎日落ち込んだ状態や、喜びや興味がない状態です。そして、日常生活や仕事に影響が出てきてしまうのが『うつ病』なのです。

どのような症状
うつ病は、気分は憂鬱で、口数が少なく動きも少ない。すなわち、思考・行動の抑制が強い状態です。
万事に悲観的となり、生きる希望を失う。自殺、自殺企図はそれを実行する元気のある病気初期または、回復期に多く、過去の過失を後悔する。うつ状態が深くなると、全く動きもせず反応もなくなる状態となります。また、うつ病は心の症状だけではなく、身体の症状もあるんです。

上記の図以外にも、妄想の症状がある方もいます。妄想の種類には、心気妄想、貧困妄想、罪業妄想などの多いです。このような妄想は通常、重症の場合に現れ、執拗に訴えるのが特徴となっております。

これまでの症状に当てはまる場合には、近くに病院に受診することをお勧めします。また、社会との関りも大切になってきますので、コミュニティーに属することもお勧めします。

双極性障害(躁うつ病)とは?

双極性障害(躁うつ病)とは、気分が高まっている『躁状態』と落ち込んでいる『うつ状態』を2回以上繰り返すのが特徴です。躁状態がある場合は双極I型障害、軽躁状態だけの場合は双極II型障害と呼ばれます。躁状態だけの人も、いずれうつ状態が出てくることが多いので、双極性障害と診断されます。一方、軽躁状態だけでうつ状態がない場合は、双極性障害とは診断しません。双極性障害は、100人に1人位しかかからない病気で、誰でもなりうる「うつ病」とは違ってきます。

どのような症状?
まず、気分が高まっている躁状態とは、気分が爽快で誰かれかまわず話しかけるなど口数が多く、話題が次から次へと変わります。ほかに、全く眠らず動き回ったりと活動的なったり、注意散漫になることやギャンブルや買い物などの浪費が参加になるといった問題行動を伴うこともある。
落ち込んでいるうつ状態とは、上記で説明した通りとなっています。

躁状態・うつ状態のサインをご紹介

最後に、躁状態・うつ状態のサインをご紹介します。

躁状態のサイン
‣睡眠時間が少なくても元気で活動を続けられる
‣人の意見に聞かない
‣一人で話し続ける
‣根拠のない自信に満ち溢れている
‣買い物やギャンブルに莫大な金額を使う
‣初対面の人に積極的に話しかける
‣性的に奔放になる
うつ状態のサイン
‣食欲がない
‣眠れない・多く寝てしまう
‣身体がだるい・疲労感が出やすい
‣動悸がある
‣めまい・のどが渇く
‣性欲がない

以上が双極性障害のサインとなっています。

双極性障害の治療には薬による治療と心理社会的アプローチがあります。

「心の悩み」とは異なり、カウンセリングだけで回復が期待できるものではありません。薬物療法を基本に治療法を組み立てていきます。

ですので、サインに多く当てはまった方は、近くの心療内科に受診することをお勧めします。

コメント

コメントする